「すごいですね!」が嬉しい

 社内システムの開発および改善を主に担当する私ですが、その他にもパソコンなどの設備の保守・管理まで幅広く担っているためか、社内では「ITのことなら伊東に聞け!」という感じになっています。
 「ちょっと教えて欲しいんですけど…」と声をかけられたら専門外でも対応しますよ。別に私の仕事じゃないから「分からない」「できない」と言ってもいいんですけど、やっぱりそこはITに長く携わってきたプライドがありますからね。

 たとえばエクセルに特定の数値を入力する業務があったとしましょう。参照データが別のエクセルのシートだった場合、結構手打ちで入力している人が多いんですが、そういう煩雑な業務に悩んでいる人を見つけたら、ササッと関数で自動反映できるようにしちゃいます。すると「こんなことができるんですか!」と感激されるんです。「実は簡単なんだけどな」とも思いますが、やっぱり「すごいですね!」と言われると嬉しいですね(笑)。

Profile
 休日の楽しみは、中学生の息子のサッカーの試合を観戦すること。レギュラーを獲得していることは誇らしいが、活躍してほしいという親心で「もっとこうした方がいいんじゃないか?」と、ついつい細かい指導を入れてしまうため、最近は少し煙たがられているそう。
 もともとは野球ファンだったが、最近は息子のおかげもあってサッカーを楽しめるようになった。スタジアムにJリーグを観戦しにいくこともあるという。

どんどん介入していくスタイル

 ここは若い社員が多いですし、みんなとにかく元気です。前の職場が淡々と自分の仕事を進めるスタイルだったのに対し、こっちは「ねえ!伊東さん!」とどんどん介入してくるスタイル(笑)。でも、変な遠慮がないので、楽しく働けています。入社一年目の子が大きな仕事に取り組んでいる姿を見て「負けてられない!」と発奮したり、刺激も多い職場です。経験やスキルにあぐらをかかず、「攻めのSE」としてみんなの役に立っていきたいですね。

Real Voice

仕事だから、楽しいばかりじゃない。
だけど不思議と笑顔でいられる、私たちの会社。